SDGsへの取り組み〜ペーパーレス〜


小さなことかもしれませんが、トリトンではショップカードや名刺は石灰石から作られたエコ素材のライメックスを使用しています。


ライメックスは石灰石と樹脂を原料としており、木材や水の使用を削減できる。環境に与える影響が小さく、地球温暖化対策に役立つといいます。


以前は三つ折りの冊子を来たお客さんに配ったり、ポスターを印刷して複合施設などに貼っていただいたりしていましたが、配布物自体を極力減らし、最低限のアイテムのみ作成する方向へ移行しました。


紙は作る工程でたくさんの水を使います。洗浄、紙すきなどで大量に水を使い、そこから出た汚水は大規模工場であれば工場内で処理し、綺麗になった状態で放流されますが、完全な浄水にならないケースもあり、その水が海に流れることもあります。


できる限りのものをオンラインにしたり、ペーパーレスにし、必要最低限のものはライメックスに。細やかですが、トリトンがSDGsへ向けて取り組んでいる活動の紹介でした。